*** VintegeBEEを輸入し始めた当時のエピソードです。ブログ移動したため、お写真が無くて済みません。以下、当時のまま投稿します。***

 

Vintagebee発掘物語

Atlanta GiftShow
アメリカ本土に渡るのは何年ぶりだろう。
久しぶりの太平洋横断フライト、

しかもメインキャビンの通路をひたすら、ひたすら進み、

後ろから数えてひい、ふう、みぃ…。
そんな感じの席でした。 

あ~~、予想はしていたけど、なんか大変かも…。

皆さん、お手荷物が沢山おありになるようで、

座席の頭上の物入れは、もうパンパン。
(そりゃね、日本から荷物を送ると送料もばかにならないし、

自分で持っていけば追加料金は無いし…、

自分と一緒に着くし…。)
てな、訳で、

これでもか、これでもかと

いかにも重たそうな荷物が

どんどんと機内に持ち込まれ…

日本の国内線なら、

間違いなく預ける荷物を平気で持ち込むんだね…

アテンダントさんは乗客の荷物を

何とか棚に収めるために四苦八苦。

う~~、物入れのふたが閉まらない。
 

こんな飛行機に乗っててホント大丈夫??? 

と思わずにはいられないような、異次元空間でした。

これって、あの路線では、

普通のことだったのかな???

そんなわけで、

フライト中も頭の上が気になって気になって眠れませんでした。

12時間後、ワシントンで乗り継ぎ、そしてアトランタへ着いたのは午後の遅い時間。

 
成田を出たのは午前中だったから、

時差を考えるといったい何時間たったのだろう…

カンガエルノハ ヨソウ 

ヨケイニ ツカレル ダケダカラ …
 
空港からシャトルに乗り、ホテルに辿り着いたころはもうフラフラでした。
 
買付が出来るのは

明日、明後日の2日間だけ。
 
レジストがてら会場の下見を済ませようと、

鉛のように重い体を隣接の展示場へ運びました。
 
そこでみつけたのがVintageBeeでした。
 
ブースには、大きなおじさんがいて… .

わたくしが、

テーブルの上にあった試食用と思しきパッケージを 

じ~~~~~~っと見つめていると

声を掛けてくれました。
 
「どこから来たの?」
 
「隣のホテルから」
 
「やや、そうじゃなくてどこの国から来たの?」
 
「あ、東京からです」 (東京って国か???)
 
そんな漫才みたいな会話で始まった

VintageBeeファミリーのTroyとの出会い。
 
その時、わたしがジィッ~~~っと見つめていたのが、

今日本で売られているVintageBEE の前身です。
 
あまりにも長い間、見つめていたので、

やれやれ と思ったのでしょうか
 
「これでも食べて、今日はゆっくり休んだら」、

ときれいなスティックに入ったはちみつを何本もくれました。
 
vintageBEE クリームドハニー
 
部屋に戻って、言われた通り、はちみつをなめてみました。
 
ついでに部屋に備え付けのTazo Tea を淹れて、

そこに砂糖代わりに溶かしてみました。
 
紅茶の湯気に包まれて、レモンの香りがふわ~~。
 
アメリカで、しかも出張先のホテルで、

こんな香り楽しめるとは、思いませんでした。  
時差ボケで、しびれた頭で、

「コレヲ ニホンニ ユニュウ スルニハ ドウヤッテ クドコウカ・・・」
 
そんなことを考えているうちに、眠りに落ちていきました。
 
… to be continued …
 
 
 
fromNC-300x73

直営ショップにてお求めになれます。

 

直営ショップ アスリートのためのはちみつてお求めになれます。

 

for Buyers for Buyer’s は事業者様向けの商品紹介サイト(会員制)です。事業者様がご都合のよろしい時に心ゆくまでお品定めをしてください。ご入会に当たり、審査をさせていただきます。